マザーボード警告「CPU Over temperature」について

「CPU Over temperature」は、マザーボードの警告で、「CPUの温度が高すぎておかしい」といっています。

「CPUクーラーの不良」、「CPUクーラーの電源不良」、「グリス不良」などが考えられます。

「CPUクーラー」の交換の際は、交換品を厳選しましょう。

「電源」が不良の場合は、「マザーボードからの電源不良」か「電源BOXの不良」かをはっきりさせる必要があります。「マザーボードからの電源不良」の場合、「CPUクーラー電源ソケット部」のぐらつきなどを確認しましょう。

「グリス不良」は、CPUの取り外しなどを行い、グリスが硬化した状態でCPUを取り付けたときによくおきます。CPUとCPUクーラーとの間に隙間ができてしまったからです。硬化したグリスをきちんと取り除き、新しいグリスを用いて設置しましょう。なお、一般的なシリコングリスと金属粉の入ったシルバーグリスでは、粘性が全く違うので、取説をしつかり読むこと。

なお、BIOS【Basic Input Output System】で、「CPU温度やファンの回転数、ファンの制御機能の設定」ができますが、むやみに変更しないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください