ノートパソコンにLinuxを

linux動作が保証されているノートパソコンは、非常に少ない。
サポートセンターに問い合わせをすると、「保証範囲外」として、情報は公開しない場合が多い。
ただ、linuxカーネル2.0以降は、ドライバが対応している場合が多く、X Window System(GUI環境)をもスムーズに起動できる場合が多い。
インストール際は、下記のことを確認しましょう。
1 一応、元のOSに戻せる態勢をとっておく(ドライバは、絶対に必要)。
2 HD、CD・DVDドライブ、FDドライブ、MEMORY、NIC、ビデオチップなどの状態を調べる。それに加え、交換部品はあるのか、交換部品の値段はいくらくらいなのか、自分で交換することができるのかを調べておく。
3 ノートパソコンが、Linuxにどれだけ対応しているかを調べる。とりわけ下記のものは重要
1) CD・DVDドライブ、FDドライブを認識するか? 「オールインワンタイプ」なら、BIOSレベルで認識してくるから、ほとんど問題はない。専用の「PCMCIAカード」で認識させているタイプのノートパソコンは、しっかりと下調べをしないといけない。
2) NIC(ネットワークカード)は、対応していないものが多いです。しっかりと下調べをしないといけない。ときには新しいNICと交換するつもりで取り組む。
3) X Window System(GUI環境)を使う場合は、ビデオチップの対応状況を調べましょう。一般にビデオチップは、MB(マザーボード)と一体型(オンボード)タイプですから、交換は容易ではありません。
4 認識されない場合、「自作ドライバ」が公開されている場合があるのでweb上で探してみる。
5 ディアルブートさせる場合(Linuxとwindosの共存)、WindowsのOSによってブートローダの形式がことなります。
WindowsNT系(Windows NT/2000/XP/Server 2003)の標準ブートローダは、NTLDR(NT Loader)、WindowsVista、Sevenでは、WindowsBootManagerが用いられている。
6 ノートパソコンは、拡張性が少ない場合が多く、加えて製造社独自の特殊形態を採用していることがあるので、取り扱いには注意を要する。

linux動作が保証されているノートパソコンは、非常に少ない。

サポートセンターに問い合わせをすると、「保証範囲外」として、情報は公開しない場合が多い。

ただ、linuxカーネル2.0以降は、ドライバが対応している場合が多く、X Window System(GUI環境)をもスムーズに起動できる場合が多い。

インストールの際は、下記のことを確認しましょう。

1. 一応、元のOSに戻せる態勢をとっておく(ドライバは、絶対に必要)。

2. HD、CD・DVDドライブ、FDドライブ、MEMORY、NIC、ビデオチップなどの状態を調べる。それに加え、交換部品はあるのか、交換部品の値段はいくらくらいなのか、自分で交換することができるのかを調べておく。

3. ノートパソコンが、Linuxにどれだけ対応しているかを調べる。とりわけ下記のものは重要

  • 1) CD・DVDドライブ、FDドライブを認識するか? 「オールインワンタイプ」なら、BIOSレベルで認識してくるから、ほとんど問題はない。専用の「PCMCIAカード」で認識させているタイプのノートパソコンは、しっかりと下調べをしないといけない。
  • 2) NIC(ネットワークカード)は、対応していないものが多い。ときには新しいNICと交換するつもりで取り組む。
  • 3) X Window System(GUI環境)を使う場合は、ビデオチップの対応状況を調べる。一般にビデオチップは、MB(マザーボード)と一体型(オンボード)タイプですから、交換は容易ではありません。

4. ドライブが認識されない場合、「自作ドライバ」が公開されている場合があるのでweb上で探してみる。

5. ディアルブートさせる場合(Linuxとwindosの共存)、WindowsのOSによってブートローダの形式がことなる。

WindowsNT系(Windows NT/2000/XP/Server 2003)の標準ブートローダは、NTLDR(NT Loader)、WindowsVista、Sevenでは、WindowsBootManagerが用いられている。

6. ノートパソコンは、拡張性が少ない場合が多く、加えて製造社独自の特殊形態を採用していることがあるので、取り扱いには注意を要する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください