macの起動時のキー操作

macの起動時にキーを押すことで、下記のことができる。

●起動時に「C」キーを押す。→→

起動可能なCDまたはDVDから起動。

●起動時に「D」キーを押す。→→

Apple Hardware Testで起動。(Hardwareのテストができる)

●起動時に「option + command + P + R」キーをビープ音が2度鳴るまで押し続ける。→→

NVRAM(PRAM)をリセットする。(スピーカーの音量、画面の解像度、起動ディスクの選択、タイムゾーン情報を設定をデフォルトにすることができる)

●起動時に「option」キーを押す。→→

Startup Managerで、起動するMac OS Xボリュームが選択できる。

●起動時に「N」キーを押す。→→

互換性のあるネットワークサーバ(NetBoot)から起動しようとする。(Mac OS X Serverのbootpdを利用する)

●起動時に「opition + N」キーを押す。→→

Startup Managerで、起動するMac OS Xボリュームが選択できる。(ネットワークボリュームで起動ボリュームを選ぶことができる)

●起動時に「T」キーを押す。→→

FireWireターゲットディスクモードで起動する。(別のコンピュータを外付けハードディスクとして使用できる)

●起動時に「shift」キーを押す。→→

セーフブートモードで起動する。(ディスクの修復「fsck -fy」が可能になる)

●起動時に「command + V」キーを押す。→→

Verboseモード(詳細な起動ログを出力するモード)で起動する。(ハードウェアチェックやドライバの読み込みなどの起動プロセスをCUIで確認することができる)

●起動時に「command + S」キーを押す。→→

シングルユーザモードで起動する。(CUIでMacを動かすことができる)

●起動時に「イジェクト」キー、「F12」キー、マウスのボタンのいずれかを押し続ける。→→

光学式ディスクなどのリムーバブルメディアをすべて取り出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください